-Gush neo-

2017年に幕を閉じたYOSAKOIチーム「Gush」から派生。

受け継がれた「自然讃歌」を奏で続けるために、時代を超えた新たな形で迸る。

Gush neo 2020

『ネオの芽』

2020年札幌YOSAKOIソーラン祭りにてお披露目いたします。

Gush neo 2019

-CREATIVE TEAM-

運営  髙橋千鶴子
management   Chizuko Takahashi

岩手県 大船渡市出身/ダンスインストラクター

2003年に市民ミュージカル「パーフェクトファミリー⁉︎」大船渡公演出演。2004年よりGush neoの前身であるYOSAKOIチーム「Gush」に参加し、2017年には振付を担当する。2005年より宮城県仙台市でダンスインストラクターとしてHip Hopを専門に指導している。

「私はたとえ最後の一人になろうともGushを続ける」
という名言を残すほどの熱苦しさが今回の「Gush neo」運営に繋がっている。

平成のGushから新時代のGush neoへ。

時代と共に進化するneoを全力で支えます。

沢山の方と素敵な時間を共有できる事を心待ちにしています。                          

                     髙橋千鶴子

作詞・作曲 西平せれな
music&words    Serena Nishihira

鹿児島県 奄美大島出身/杜氏&アーティスト

昭和音楽大学を卒業後、東京都を中心にシンガーソングライター、フルート&打楽器奏者として活動。2008年よりGush neoの前身であるYOSAKOIチーム「Gush」に歌姫として参加。2014年に奄美大島に帰郷し、実家である焼酎の蔵元“西平酒造”にて焼酎造りの修業をはじめる。2017年、杜氏に就任すると同時にアルバム『メッセオアマッサ』を発売。“二足のハイヒール”をキャッチコピーに活動の幅を広げている。

Web site:http://www.selephant.info

今楽曲は奄美大島で麹菌とたわむれながら生まれた。
neoに触れどのような形に発酵していくのか今後に期待。

テーマは『ネオの芽』

いま地球には何が足りなくて、何がどれだけ余っているのか。

それを知ることで私たちは何を壊し、何を守るべきなのか。

私たちが情報を共有しあうのは、

互いの粗探しをするためではなく、争うためでもなく、

未来へ向かう豊かで大きな流れを作るため。

目を見開き、見つめ合い、

先人が耕した土に希望の芽を出すため。

きっとそう。そうでありたい。

​                              西平せれな

振付・演出   翔大(TEAM SANT)
choreography&direction  Showta(TEAM SANT)

鹿児島県 奄美大島出身/俳優

高校卒業後、鹿児島本土に渡り学生DJとしてMBC(南日本放送)ラジオで一年間パーソナリティを務める。2010年に身ひとつで挑んだロックオペラ「Life pathfinder」のオーディション合格をきっかけに上京。翌年、新国立劇場にて同作品に出演。2008年、2009年、Gush neoの前身YOSAKOIチーム「Gush」に参加。2012年に劇団「TEAM SANT」に加入し数々の作品に出演。現在は舞台に留まらず演劇祭やアーティストによるMV等の振付・指導、また自身での執筆、作品作りなど、精力的に幅広く活動を展開している。

 

【TEAM SANT】 

web site▶︎ http://teamsant.wixsite.com/teamsant

blog▶︎ https://ameblo.jp/team-sant/

今作品ではその独自の感性を爆発させ唯一無二の世界構築に挑む。

色んな隠し事で溢れた世の中で

人々は日々 様々な思いを胸に秘めている

己にしがみつく その全てから解放された時

neoに辿り着く事ができるのかもしれない...

暴れ、叫び、狂い、喚き、

人間のあるべき姿を表現しようと思う。

​                  

                 翔大

and more...
 
 
 

​© 2019 by Gush neo.All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now